思いつき商売アイデアvol.11「ギルトフリーレストラン」

今年も間もなく終わるが、最近、2つのショッキングな出来事に遭遇した。

私は健康な男子であることを確認するために、しばしば男女が裸で絡み合う動画を視聴するのだが、有名人のdeepfake(人工知能にもとづく人物画像合成の技術)が溢れているのだ。

以前は外国のセレブリティが多く、「やばい時代だな…」程度の感想だったが、最近では比較的身近な日本のタレントや女優に被害が及んでいる。酷いクオリティであれば笑って終わるかもしれないが、クオリティが高く、眼鏡を外せば現実に思えてしまうレベルだったので、唖然としてしまった。

テレビの人気者のアレを見たいという欲望は理解できるが、被害にあった方々の心情を察すると胸が痛くなる。結局、その日は健康云々の話は忘れて、そっとブラウザを閉じることにした。

この問題を解決するアイデアを捻り出せば「プロフェッショナル~仕事の流儀」に出演できそうな気がするし、救世主として有名人から感謝される存在になれそうなので、これについては、追って考えてみる。

もう1つのショッキングな出来事は、最近のある日の午前三時のこの図である。

所謂「〆」というやつである。このつけ麺はうまそうだし、実際にうまいので欲望に流されるままに、汁一滴残さず、唐揚げやら餃子やらの残りカスがまだ残っている胃袋に流し込んでしまったのだが、その後は酷い罪悪感に苛まれることとなり、食べた瞬間の歓びはどこかに消えてしまった。食べたことも不健康で、精神状態も不健康である。

本来、この手の高カロリーの食べ物には幸福感が宿っている。唐揚げ、トンカツ、カレーライスは幸せの象徴であり、太っていることは幸福の証だった。しかし、世の中的に「健康的でなければならない」圧力が強くなってきたのに加え、現実問題として下っ腹の突出具合が日に日に凄くなっていることから、罪悪感に襲われたのである。12月は特に同じような罪の意識に苦しんでいる人が多いだろう。

一方、こちらの写真は、厳格なる節制生活を経て、五輪に出場し、全出場日程を終えた清々しいアスリート解放の図である。

現代を代表する身体に悪い食べ物であるファストフードのハンバーガーやフレンチフライ、ナゲットが眼前に並んでいる。今まで、好きなものも食べずに競技一筋の生活を送り、大仕事を終えたのだから、これぐらいよいだろう。所謂、自分へのご褒美である。

この二つの写真から言えることは

1.結局、身体に悪い物が一番うまい
2.身体に悪い物を食べるのは罪悪感があり、後味が悪い

であり、

この二つを結び付けたサービスが「ギルトフリーレストラン(Guilt Free=罪の意識からの解放)」。消費カロリーに見合ったカロリー摂取により、罪悪感から解放するコンセプトのレストランだ。

「ギルトフリーレストラン」は、揚げ物、カレーやお好み焼き、豚まんなど、人の欲望に忠実に、あらゆる不健康な高カロリーメニューをラインナップしたレストランである。客はその日消費したカロリーを、エクササイズ記録appsを通じて提示すると、その範囲内のカロリー分の食事は割安料金で提供され、それを超えるカロリーは通常料金を支払う。複数人で来店した場合は、全員の消費カロリー分の摂取カロリーが割安料金となる。

立地はスポーツクラブが集中しているエリアが望ましい。鉄の意志で身体づくりをしている人ではなく、今まさに、欲望と際どく戦いながらシェイプアップや体型維持に取り組んでいる人が、適正な範囲内で自分にご褒美をあげるのだ。彼ら彼女らがその日に消費したカロリーの範囲内で唐揚げやトンカツ、お好み焼きを食べることができる。そして、「罪悪感はゼロ」であり、不健康な食事をとりながらもQOLは極めて高いのである。

新規に出店してもいいが、既存の店で曜日を絞ってやってみるミニマムプランとか、方法は色々考えられるのではないか。

まだまだ思いつきで、かなりの小ネタですが、万が一、興味あるという方や、アドバイスしてやってもいいぞ、という方がいらっしゃいましたら、twitterやfacebookにコメントをお願いします。

今年のブログは、これで最後となります。みなさま、良いお年を!

関連記事

  1. 思いつき商売アイデアVol.9 個人タクシー生き残り策「一芸タクシー」…

  2. 思いつき商売アイデアVol.8 日本の窓を変える新建材ビジネス「尺貫法…

  3. 思いつき商売アイデア vol.14「テーマパークG」

  4. 思いつき商売アイデアvol.12「愛すべきクズビジネス」

  5. 思いつき商売アイデアVol.3 スナックチェーン「ニッポンのお母さん」…

  6. 思いつき商売アイデアVol.2「メイドカフェ&ランドリー」

  7. 思いつき商売アイデア vol.15 人生観を変える 「ホームレスステイ…

  8. 思いつき商売アイデアVol.6「何があるかわからないけど、何かあるかも…

新着記事

PAGE TOP