思いつき商売アイデア vol.14「テーマパークG」

遅ればせながら最近「サウナ」の良さを知った。知人の誘いで「神戸サウナ&スパ」に行ったのだが、「地上の楽園」という言葉がぴったりだった。サウナで熱風を浴びた後、水風呂に浸かり、その後、バルコニーで夜風にあたりながら、ボーッとする…これを繰り返すのだが、この「ボーッ」が最高なのだ。

その「ボーッ」の時、神戸の夜空を見ながら頭に思い浮かんでいたのが、「宅見勝若頭銃撃事件」である。20数年前、「神戸サウナ&スパ」からほど近い「新神戸オリエンタルホテル」で起こった山口組の内紛の果ての事件である。真昼間に銃撃犯がカフェラウンジを襲撃、奥の席に座っていた当時の山口組ナンバー2 宅見勝若頭を撃ち殺した。勿論、その様子を生で見たわけではないが、流れ弾で一般人の命が失われたこともあり、大々的なニュースとなった。自分も何度か行ったことがある場所で「ゴッドファーザー」みたいな殺しが行われたことに、当時強い衝撃を受けた。

 

なぜ、この事件を思い出すのかというと、自分の人生で定期的に「ヤクザブーム」が起こるからである。高校~大学時代に「山一抗争」があり、その頃が自分にとっての第一期ヤクザブームである。当時はスポーツ新聞や週刊誌がヤクザ話一色だった。テレビでも度々特集をやっていた。山口組四代目組長の暗殺が抗争を更に激化させたのだが、その葬儀は当時通っていた高校の隣の葬儀場で行われ、学校前の国道を黒塗りの車が占拠し、全校生徒が裏口からこっそり早退したのを覚えている。そして、阪神大震災での災害救助活動や「宅見勝若頭銃撃事件」が第二期なら、「山口組分裂~高山若頭出所」に至る現在は第三期である。

 

ブームの時は「何とか実話」的な雑誌やエロ本の後ろの方に載っている嘘かほんとかわからない記事、裏社会本を読み、ここ数年は動画をあさる。伝説的存在である三代目田岡組長が神戸水上署の一日警察署長をやったことがあるとか、神経が集中する亀頭に蚊の刺青を彫るのが一番気合いが入っているとか、極妻が朝一のガサ入れの時に咄嗟に小学生の子供のランドセルにピストルを隠して学校に行かせたとか…好きなエピソードは幾つかある。

 

考えてみると、日本にはヤクザ文化が溢れている。「仁義なき戦い」や「極妻」「アウトレイジ」などの映画や「龍が如く」はそのど真ん中で、「BE-BOP HIGH SCHOOL」「ナニワ金融道」「闇金ウシジマくん」、更には「なめ猫」などのチンピラ系もその一種だろう。


出典:newsnachricht.net/nostalgy/nameneko

とにかく日本人はヤクザ文化が大好物なのだ。知らんけど。

 

ただ、それは外からヤクザの世界を覗き見して楽しんでいるだけで、その世界の中に入ったり、近くで過ごすことはできない。しかし、身の安全が保証されているならば、話は違う。それを体験することに絶対に興味を示すのではないか。

ということで、ヤクザ文化が好きな人や、ほんわか&ハッピー系テーマパークに飽きた人に向けた「極道のテーマパーク」について考えてみた。

極道のテーマパーク

 

タイトルにある「テーマパークG」の”G”とは「極道」のことである。

 

なんかジャイアンツのテーマパークみたいなのだが、タイトルに「極道」と書くことに若干抵抗があったので「G」としてみた。深い意味はない。このテーマパークのコンセプトはヤクザの世界・任侠文化の体験である。そして、ただ楽しいだけのテーマパークにはない怖い体験を通じて「生命の尊さ」を感じていただきたい。

 

パークのスタッフは全員極道風。ポロシャツを着たスタッフなどいない。ディズニーのスタッフのように客をもてなすことなどもない。険しい顔をして、殺気だった雰囲気の演出を徹底する。

以下、ざっと、アトラクションを考えてみた。

 

1.抗争ショウ

パーク内が予期せぬ抗争で血の海と化す。喫茶店で珈琲を飲んでいる男を撃ち殺したり、日本刀で切りつけたり、信号待ちの車にマシンガンを連射、エレベーターのドアが開いた瞬間に射殺、建物にダンプカーが突っ込んだり、土に埋められ首だけ地上に出した状態でその上を車が駆け抜けるなど、パーク内至る所で事件が起こる。できるだけ、過去の事件を参考に、そのシーンを再現する。本物さながらの銃声、血しぶきにもこだわり、パークにやって来る人々を震えあがらせたい。

2.賭場

時代劇などでよく見かけた「入ります。よーござんすね」の丁半博打である。何年か前に「環状線一周飲み会 天王寺駅」で飛田新地の親子四代女だけで営むスナックを訪れた時、比較的最近まで、界隈に賭場があったこと、彼女たちが出入りしていたことを教えてくれた。兎に角楽しい場所だったそうだ。そんな話を元に、賭場の雰囲気を忠実に再現したいと思うが、「賭ける」ことはできず単なるゲームになってしまうのが残念だ。

この「四代目山口組のドキュメンタリー番組」では、賭場にガさ入れするシーンがあり、サイコロと床に磁石を仕込み、服の下に隠したコントローラーで、サイの目を操作しているのを暴いていて、そういった不正もショウ的に取り込みたい。

「賭場」は、できれば「大阪カジノ構想」としてやりたい所だ。ポーカーやルーレットで外国のカジノ企業に儲けさせるより、日本の歴史的方法でカジノをする方が観光客を呼ぶ意味でも、税収の意味でも良いのではないか…。

3.親子盃

極道の世界に入るために行われる酒を酌み交わす儀式に参加できる。儀式は、口上人の司会ではじまり、取持人の執行で親子盃が交され、親分から下げられた盃を新子分(来場客)が飲み干し、その盃を懐紙で包み懐中に収め、次いで祭壇の神酒を2個の盃に注ぎ、左右の列座へと廻し、2個の盃を下座で交錯させて再び上座に廻し、上座で結合したところでこれを重ね、箸その他を乗せたところへ神酒を注ぎ、一同で手締めを行って終わる。儀式の進行、セット、衣装、口上なども実際の様式を忠実に再現したい。女性は「極道の妻」の洗礼式を体験できる。

4.総会屋ショウ

現在ではすっかりなくなったが、かつては株主総会を舞台としたヤクザによる企業のゆすりが行われていた。どんなことにでも「異議なし、賛成」と叫ぶ「万歳屋」やスキャンダルを探して追求する「事件屋」、攻撃を仕掛けてくる相手から企業を守る「防衛屋」など、様々なパターンの総会屋を実演。

5.窃盗選手権

コンビニのセットがあり、来場客は店員に見つからないように万引きする。見つかると、その店が「みかじめ料」を支払っているヤクザがやって来て、ヤキを入れられる。見つからなければ、盗んだ物は全てプレゼント。

6.ぼったくりバー

パーク内のバーで飲んでいると、時おりぼったくりにあい、多額の請求を受けるが、そこにヤクザがやって来て、丸く収めてくれる。

7.極道カフェ

メイドカフェのメイドの代わりに親分を出迎えるかの如く、入口にずらりとヤクザが並ぶ。男の客は「兄貴」や「親分」と呼ばれ、女は「姉さん」と呼ばれる。人気メニューは「おとしまえウィンナー」。山口組の情報誌『山口組新報』を何とか手に入れて、カフェに置きたい。

8.極道映画名シーン体験

例えば「極道の妻たち」のラストシーンで岩下志麻がマシンガンぶっ放す爽快なシーンを体験でき、映像として記録できる。

9.インスタ映え刺青

実際の組事務所をモデルにした事務所を建設。そこには、数名の組員(役者)が出入りしていて、それぞれが立派な和彫の刺青を入れている。お願いすれば、服を脱いでくれて、美しい刺青男たちと写真撮影できる。

出典: matome.naver.jp/odai/2140063263946266801

10.的屋街

元々ヤクザの出自は「的屋」と「賭場」に分けられる。祭りの時に神社に並ぶ的屋の多くはヤクザが取り仕切っていた(現在は知らないが)。

11.出所ショウ

大物の出所に大勢で出迎えるシーンを再現。

12.ヒットマン選手権

パーク内にいる親分のタマをサバゲー方式で奪う。親分には護衛がいて、失敗するとそれ相応の仕打ちが待っている。例えば、即パークを追放されたり、2000円カツアゲされるなど。

13.極道衣装&カツアゲ体験

極道風のメイク、衣装貸し出し&撮影サービス。極道になりきってパーク内を闊歩すれば、手荒く「カツアゲ」できる(あらかじめ決められた人にのみできる)。子供の頃、「カツアゲ」された男が恨みを晴らす場として利用することを想定。

14.札束プール

司忍第六代山口組組長の名言「心配するな、金やったらプール一杯ある」を再現するインスタレーション。プールを札束が埋め尽くしている。

15.ミスター・フィンガー展

ヤクザを辞めてカタギの社会で生きていこうとすると、人造の指が必要になる。イギリスの人工装具の専門家アラン・ロバーツ教授は、本物そっくりの指を復元できるため、日本のヤクザからミスター・フィンガーと呼ばれているのだが、彼が作った人造指を公開。

16.ハロウィンお菓子配り

阪神大震災や東北大震災での極道の社会貢献は有名だが、それ以外にも、山口組の本部周辺で毎年「ハロウィンのお菓子配り」が行われている。これをパークの恒例行事として実施する。

以上、思いつきで色々書いてみた。怖くて実現できそうにないけど、各々のアトラクションを単体で実施するなら多少可能性があるのではないか。万が一、興味あるという方や、アドバイスしてやってもいいぞ、という方がいらっしゃいましたら、twitterやfacebookにコメントをお願いします。

関連記事

  1. 思いつき商売アイデアVol.8 日本の窓を変える新建材ビジネス「尺貫法…

  2. 思いつき商売アイデアvol.11「ギルトフリーレストラン」

  3. 思いつき商売アイデアVol.4 YouTuberが簡単に目立てるブルー…

  4. 思いつき商売アイデアVol.2「メイドカフェ&ランドリー」

  5. 思いつき商売アイデアVol.7 BMI値高めでメンタル弱めの人向けフィ…

  6. 思いつき商売アイデアVol.9 個人タクシー生き残り策「一芸タクシー」…

  7. 思いつき商売アイデアVol.3 スナックチェーン「ニッポンのお母さん」…

  8. 思いつき商売アイデアvol.12「愛すべきクズビジネス」

新着記事

PAGE TOP